レビトラ飲み方

有名な勃起薬バイアグラや、レビトラ、シアリスなどは、本当に効くのか?いざ、それぞれを飲んで検証していきます。

薬を飲もうとしている人

PDE5酵素による症状とレビトラの働き

男性のEDの症状を改善するというレビトラは、他の多くのED治療薬とおなじように、「PDE5阻害剤」とよばれる種類に属しています。
このPDE5というのは、人間の身体のなかに存在している酵素の一種であり、とりわけ男性の性器の海綿体とよばれる、勃起時に血液によってふくらむ部分のなかに多く含まれているものです。
PDE5酵素は、海綿体の平滑筋という筋肉の収縮にかかわっているため、PDE5酵素が過剰な働きをしてしまうと、せっかく性的な興奮によって海綿体に集まってきた血液の通り道である血管が、収縮によってシャットアウトされ、それ以上勃起できなくなってしまうという症状があらわれます。
これがいわゆるEDの正体であって、身体的な原因のほかにも、性行為のときに過去の女性に対するトラウマが発動してしまったといった、心理的な原因によっても起こりうるものといえます。逆にいえば、このPDE5酵素をじゃますることによって、筋肉の血管を拡張させた状態にしておくことができれば、海綿体に十分な血液が供給されて、EDの症状が改善するということになります。
ED治療薬のレビトラは、まさにこうしたしくみに着目したもので、性行為の1時間程度前に服用しておくと、有効成分がPDE5酵素を阻害するような働きをするため、以後は数時間にわたってEDの症状が改善されるようになるのです。レビトラのほかにも、PDE5阻害剤に該当しているED治療薬は、有効成分の組成などに違いはありますが、働くメカニズムはすべて同様となっています。
なお、こうした血管の収縮や拡張に関与するというレビトラの特徴から、狭心症の人が発作をおさえるために飲むニトロとよばれる硝酸薬との飲み合わせが悪く、併用すると血圧の急低下をまねくおそれがあるため、注意することが必要です。