その他の薬とのレビトラの違いと必要な薬代

男性機能をサポートしてくれる薬にレビトラがありますが、その他の薬と比較するといくつかの違いがあります。
レビトラは治療薬の中でも作用するまでに掛かる時間が短いという特徴があるのですが、空腹時にでも飲めば僅か20分程度で作用すると言われているのです。他の薬ですと効き目が出るまでに30分程度必要だったり、2~3時間程度も必要になることがあります。ですから効き目の早さを重視するのならレビトラが良いと言えるでしょう。
その他の薬との違いとして処方ができる条件です。他の薬の場合ですとHIV治療薬を使っていたり、血液透析中だったりする方でも処方をしてもらうことができますが、レビトラの場合は処方ができないとされています。ですから人によっては根本的に使用することはできません。個人輸入を利用すれば手に入れることは可能ですが、病院で処方されない薬を使用するのは危険ですので注意が必要です。
違いとしては、薬代についても他の薬と比較してみると差があります。レビトラの価格帯としては大体中間位の金額となっています。そして大よその金額としては1錠あたり1500円程度で売られていることが多いようです。有効成分の配合量が多いものですと2000円位の金額です。
薬代が気になる時には個人輸入を利用してジェネリック品を購入するのも良いかもしれません。ジェネリック品の場合ですとかなり安く販売されており、10分の1程度の金額によって購入することができるのです。ですから薬代を抑える為にも最適ですし、特に薬の種類に拘りがなければ選ぶ価値があると言えるでしょう。また、ジェネリック品の場合も主要成分は同じですので、レビトラ同様の効果に期待ができます。